IT補助金

IT補助金

PRO-SAMURAIは「IT導入支援事業者」です。

IT導入支援事業者

IT導入支援事業者とは、当該補助金で中小企業・小規模事業者のみなさまにITツールを提供するために、一般社団法人 サービスデザイン推進協議会の事務局の登録及び認証を受けたITベンダー・サービス事業者です。

IT導入補助金

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等が業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることを目的とし、そのニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、業務効率化・売上アップをサポートするものです。

集客力アップを目的とした士業事務所の『ホームページ制作』も補助の対象になります。

補助金の上限額は50万円で、下限額は15万円。補助率は導入経費の1/2以下になります。例えば、100万円で事務所のホームページを制作した場合、50万円の補助金が得られるので実質50万円の制作費で済むことになります。

ホームページの制作費だけでなく毎月の保守・サポート費用も補助の対象に含まれます。

<注意点>
・ホームページ制作とセット導入でないと、補助金適用されません。
・ホームページの開設や運営、サービス等の利用料は導入後の1年間が対象となります。
・既存のホームページの更新や改修費用は含みません。
・モニター、プリンター等のハードウェアは補助金の対象外となります。
◆交付申請について
補助金の交付申請・手続きなどは『PRO-SAMURAI』がサポート致します。
◆交付手続き
<IT導入補助金の申請の流れ>。
1. ITツールの検討(交付申請の準備)
導入したいITツール(サービス、ソフトウエア等以下「ITツール」)を選定します。また、ITツール導入以降どの程度の業務効率化を図ることができるのか、経営における目標を設定し、生産性向上を実現するための事業計画を作成します。
交付申請にあたっては、これら「導入したいITツール」と「ITツール導入後の事業計画」の2つが必要です。
2. 交付申請(IT導入支援事業者による代理申請)
「導入したいITツール」と「ITツール導入後の事業計画」の2つが揃ったら、本サイトより補助金の交付申請の手続きを進めます。
3. ITツールの発注・契約・支払い(補助事業の実施)
交付申請を完了し、事務局からの「交付決定」を受けた後に、ITツールの発注・契約・支払い等を行うことができます。
4. 事業実績報告
補助事業の完了後、実際にITツールの発注・契約、納品、支払い等を行ったことが分かる証拠書類を提出します。
5. 補助金交付手続き
6. 事業実施効果報告
事業終了後5年間(計5回)にわたり、毎年4月1日から翌年3月末日までの1年間における生産性向上等に関する情報を、事務局に事業実施効果報告します。
PAGE TOP